【3本指パンティストッキング】 カサハラ式 外反母趾、内反小指対策押圧サポーターで美脚を手に入れる!
【美脚下駄 S〜Mサイズ】こんなにかわいいO脚・外反母趾対策って今まであった?

外反母趾の治療法

外反母趾の装具療法

外反母趾をやっつけろ!外反母趾の予防と治療のみずきです。


外反母趾装具療法は、痛みをやわらげるパッチなどのグッズ、足底板、矯正用の装具などを使うものです。

市販されている、タコやウオノメ用のドーナツ型クッションなどは、親指のつけ根のでっぱりに貼ることで痛みをやわらげます。

靴底に入れてアーチをサポートする足底板。
治療靴に入れて併用する時に、ゆとりを考えて使用しないと、かえって靴がきつくなったり、浅くて脱げやすくなったりして逆効果になるので、注意して下さい。

夜間装具は、若年性の外反母趾や、若い女性で角度が20度以下の人には効果が大きく、予防を期待できる治療法です。

歩行時に靴の中に入れる伸縮性ベルトやサポーターなども市販されていますが、靴の圧迫力や体重に抵抗するほどの矯正力は期待できませんが、家の中ではだしで生活する時間帯に使用したほうが効果的でしょう。

親指の外反に対しては指の間にはさむガーゼや市販のセパレーターが簡単で効果が確実です。

外反母趾の治療法

外反母趾の治療法

外反母趾をやっつけろ!のみずきです。どうもです。

外反母趾治療は、保存療法と手術療法との2つに大別されます。症状の程度と年齢に応じて必要な治療方法が選択されます。

保存療法は、初期治療として行うもので、靴以外にも、装具を使った装具療法や薬などを使った薬物療法があり、それ以上進行しないように気をつけます。


装具療法は、痛みをやわらげるパッチなどのグッズ、足底板、矯正用の装具などを使うものです。

市販のフットケア用品で、タコやウオノメ用のドーナツ型クッションなどは、親指のつけ根のでっぱりに貼ることで痛みをやわらげます。

靴底に入れてアーチをサポートする足底板は、治療靴に入れて併用する際に、ゆとりを考えて使用しないと、かえって靴がきつくなったり、浅くて脱げやすくなったりして逆効果になるので、気をつけなければなりません。


矯正用装具は、外側に曲がった親指を引っ張ったり押したりしてもとの位置にもどそうとするものです。若年性の外反母趾や、若い女性で角度が二十度以下の人には効果が大きく、予防を期待できる治療法です。

市販の歩行時に靴の中に入れる伸縮性ベルトやサポーターなどは、家の中ではだしで生活する時間帯に使用したほうが効果的でしょう。親指の外反に対しては指の間にはさむガーゼや市販のセパレーターが簡単で効果が確実です。


薬物療法には、局所の炎症である外反母趾の薬物療法は塗りぐすりや湿布剤などの外用薬をもちいます。対症療法で痛みを抑えるだけで、外反母趾が治るわけではありません。昼は塗りぐすり、夜は貼りぐすりといったように生活に応じて使い分けます。


手術療法を選択するケースと方法には、2通りほどあります。
一つは、今のところ25度〜30度位で軽いが、放っておくと進行するであろう若い人に施すもの。シェブロン法といって、比較的軽度の外反母趾に用いられる手術法です。中足骨の末梢部の骨を一カ所切って外側にずらします。

もう一つは、変形が強くて35度〜40度位になり、保存療法を行っても痛み、どんな靴をはいても痛くて歩けなくなった中年期の女性に多いケースです。

重度の外反母趾患者に行うマン法という手術で、中足骨の中枢部(根もと)で骨を切って曲げる方法です。末梢部も含めて2,3カ所切ることになります。いずれも、4,5日の入院が必要です。

手術では、骨を切るわけですから、骨折と同じように骨がつくまでに7週間〜3ヶ月は掛かりますが、ふたたび靴をはけるようになります。

相当ひどい変形でも、そのほとんどは手術によって治ります。しかし、術後も正しい靴選びと予防を心がけなければ、足の痛みが再発しかねないので注意しましょう!

外反母趾の治療法

外反母趾の診断法

どうも。外反母趾をやっつけろ!のみずきです♪

外反母趾治療は、症状の程度と年齢に応じて、必要な治療方が選択されます。外反母趾かどうかは、親指の曲がった角度(外反母趾角)で決まるのです。

外反母趾角とは、第一中足骨と母趾基節骨がつくる角度のことで、病院では、荷重位という足に体重をかけた状態でレントゲン撮影して、計測します。

自分で外反母趾角をチェックする場合は、体重をかけて立った位置で紙の上に足を乗せ、足の内側のラインに線を引きます。

親指のでっぱりの位置で交差する前側と後ろ側にできた二本の線の角度を分度器で測ることで親指のつけ根の曲がっている角度がわかります。

これはX線で出る角度より大きめですが、角度が15度以上あるなら、整形外科の受診をしてみましょう。

外反母趾角は5〜8度が正常で、15度以上が外反母趾となるそうです。
そして、20度までは軽症、20〜40度までは中級度、40度以上は重症の外反母趾と診断されます。

外反母趾は成人女性の発症率が高いのですが、幼児や学齢期の外反母趾もまれに見られることもあります。

若年期の外反母趾は関節や筋肉などの遺伝的要因が大きいので、早めの予防が大切だそうです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。