【3本指パンティストッキング】 カサハラ式 外反母趾、内反小指対策押圧サポーターで美脚を手に入れる!
【美脚下駄 S〜Mサイズ】こんなにかわいいO脚・外反母趾対策って今まであった?

外反母趾の予防法

外反母趾のケア方法

外反母趾をやっつけろ!のみずきです。

外反母趾ケアの方法としては
@履物を出来るだけご自身の足に合ったものにする。
最近では大きな靴屋さんには、シューフィッターがいますし、オーダーの靴もブランドにこだわらなければ高くなく作ることも可能です。足は左右の大きさが完全に一緒ではなく、特にどちらか片方の足が合ってない時は負担がかかってしまいます。

A足のゆびを開いたり閉じたりして、足底の筋肉を鍛えます。または、鼻緒のある下駄を履くことも足底の筋肉を鍛えるのに有効です。

それと、片方の脚でバランスを保って立ち、その時立っている足のゆびで地面をつかむように踏ん張ります。これを片足3〜5分おこなうと、足底の筋肉だけでなく脚全体も鍛えれますし、バランス感覚もやしなわれます。

外反母趾になって足底の筋肉が弱ると、脚全体が疲れやすくなり、歩くときの体重移動もおかしくなります。ご自身が外反母趾で、今までにこのような足底の筋肉を運動させたことのない方は、足がつったり筋肉痛になったりしますので、ストレッチやゆび・足首をまわして筋肉を緩めてから行って下さいね。

Bヒール・ミュール・ブーツなど足に負担のかかる履物を履く時間を出来るだけ少なくする。デスクワークなどの仕事中は楽な履物に変える、また休日は履かないように工夫をする。こういった事は、職場やまわりの方の理解・ご本人の意識が大切ですよね。

C裸足で歩く機会をつくる。特に野外で(ケガをしないところで)。自分の足が弱っていることに気づきますし、地面から足に伝わる解放感のような感覚が、日ごろ仕事で疲れ過ぎた体全体も癒してくれます。

最近では偏平足や外反母趾になる子供が多くなり、裸足で遊ばせたり、わらじを履かせる幼稚園や保育所もあるそうですよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25138313
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。